審美歯科・ホワイトニングaesthetic

ホームホワイトニングをご案内しています。マウスピースの製作にも対応。
ご自身でのメンテナンス処理に不安がある方は歯科衛生士による施術を行いますのでご予約ください。

審美歯科とは

審美歯科は見た目の美しさと、機能性を兼ね備えたお口の健康につなげる歯科診療です。

歯は笑った時の表情、美しさを決める重要な要素。一本一本の歯の高さ、角度、口の大きさ、口角の上がり方なども考慮した上で歯を白くする、矯正により歯並びを整えるなどの処置を行います。

「キレイに見せたい」ということだけが、審美歯科の目的ではありません。機能性も重要です。歯並びが悪いまま、歯が欠けた状態や適合していない被せ物をしたままで過ごしていると磨き残しが増えて歯垢となり、虫歯にいたります。

もちろん、当院で指導する適切な歯磨きによって防ぐことは可能です。とはいえ歯並びによってはどうしても時間を要してしまい、家事や子育てに追われる中で不十分となってしまうことがあります。そこで審美歯科の処置によって歯並びを整え、歯磨きの時間を短縮することにつなげます。

ノンメタル(非金属)を推奨

歯科医院で使用する金属の多くは長期的に装着し続けていると溶け出してしまいます。ひとつの歯に金属を使用した際に自覚症状が出なかったからといって、問題が起きていないわけではないのです。2つ、3つと増えることにより感作し、金属アレルギーが引き起こされることがあります。

お口の中だけの問題ではありません。身体全体に広がり、普段から身に付けているアクセサリー類にも反応してしまうことにもつながります。
アレルギーの発症リスクを抑えています。

高度な技術を有する歯科技工所

インプラントや入れ歯、人工歯はすべて信頼できる歯科技工士にオーダー。メーカーから認められている個人の歯科技工所と契約しています。
患者さん一人ひとりに合わせた精度の高い仕事により、違和感なく人工歯を使用できます。

当院の被せ物・詰め物の種類

ジルコニア

ジルコニアとは?

人体への影響が見られない安全な素材です。保険適用で取り付けられる銀歯の場合は金属イオンが溶けて体内に取り込まれてしまう危険性がありますが、ジルコニアはセラミック素材ですので、金属アレルギーの方も安心です。

人工ダイヤモンドにも使われているジルコニウムの酸化物で、高い強度と耐熱性を誇っています。自然なツヤで歯に近い審美性を保ちながら金属以上に強く、身体に優しいのが特徴のジルコニアは、耐久性に劣る従来のセラミックの弱点を補う新しい素材です。

こんな方におススメ!

  • 金属アレルギーがある
  • 違和感なく噛める白くてキレイな歯を長く保ち続けたい
  • 数年前にメタルボンドにしたものの歯と歯茎の隙間から黒い金属が見えるようになってきた
  • 現在は銀歯だが白い素材に付け替えたいと考えている
  • オールセラミックを希望しているものの就寝中の歯ぎしり、噛み合わせの悪さによって維持できない不安を抱えている
  • セラミック素材の中でも最新かつ最高品質のものを求めている

素材の特徴

歯科治療で使われる素材について、「セラミック」と一口に言ってもさまざまな特徴を持つ素材があり、それぞれ名称が異なります。たとえばオールセラミック、メタルボンドセラミック、ハイブリッドセラミックです。

それぞれの素材について説明する前に、まず審美歯科治療で用いる歯の構造についてご説明します。基本的に審美歯科で用いる歯は、外側はセラミックです。その内部にジルコニア、アルミナ、金属などの素材がある2層構造からできています。

 
 

内部の素材がジルコニアの場合はジルコニアオールセラミック、アルミナの場合はオールセラミック、金属の場合はメタルボンドセラミックと呼ばれています。

それぞれのセラミック素材における特徴

素材特徴
ジルコニアオールセラミックジルコニア 金属以上の高い強度と耐熱性を誇り、審美性も高い。身体に馴染みやすく金属アレルギーも発症しない。
オールセラミックアルミナ ジルコニアほどの耐久性はないものの同等の審美性を誇り、金属アレルギーの心配もない。
メタルボンドセラミック金属 耐久性は高いものの金属特有の色合いで自然な白いツヤを出せない。長期間取り付けていることで金属アレルギーを発症する危険性がある。
長所短所
  • セラミック素材の中で最も耐久性、審美性に優れる
  • 身体に馴染みやすい
  • 素材そのものが自然な白いツヤを持ち熱による影響も受けないため変色しない
  • 金属とは別物であるため金属アレルギーが生じない
  • 審美歯科で通常、利用されるホワイトニングに対して装着にあたっては歯を削る処置が行われる

オールセラミック

オールセラミックとは?

内部・外部の2層がセラミックだけでつくられている義歯です。自然の歯に近い白いツヤを出せるため、前歯や小臼歯など目立つ箇所でも安心して使用できます。

こんな方におススメ!

  • 歯並びが悪く歯みがきに時間がかかっている
  • 歯並びの矯正を必要としているが器具は使いたくない
  • 時間をかけずに歯並びをキレイにしたい
  • 自然の歯に近い見た目を持つ義歯にしたい
  • 歯の変色がひどく、ホワイトニングにも限界がある
  • 金属アレルギーで被せ物に不安がある

素材の特徴

内部はアルミナで、外側にセラミックをかぶせています。強度においてはジルコニアよりは劣るものの色合いや質感は自然の歯に近く、審美歯科において浸透している素材です。

長所短所
  • 自然の歯と同様のツヤ、色合いを実現できる
  • 強度に優れ、変色もしない
  • 名称の通りすべてセラミック素材から成るため金属アレルギーの心配がない
  • 天然の歯以上に硬質という特質上、周囲の歯に触れた際に傷を付けてしまう危険性がある
  • 大きな負荷がかかると欠ける可能性があるため、歯ぎしりなどが起こりやすい奥歯には向かない

メタルボンドセラミック

メタルボンドセラミックとは?

内部は金属で、外側に白いセラミックを被せています。

セラミックのみの場合は透明感を出すことができますが、金属の場合は多少の不自然さが残ります。現状広く用いられている理由は高い強度。欠けることがなく、奥歯やブリッジなどの処置を行う際にも問題なく使用できます。

こんな方におススメ!

  • 神経を抜いた歯が虫歯になり変色している
  • 以前、処置した歯で金属が見えているため付け替えたい
  • 歯並び全体をキレイにしたい

素材の特徴

長所短所
  • 内部が金属になっているため強い負荷がかかりやすい奥歯でも欠ける心配がない
  • 外部にセラミックを被せるため、自然な歯の色合いに近づけることができて日常の生活では気にならない
  • 年数を経ても変色しにくい
  • 口内に長期間、金属を入れることになるためアレルギーを発症する危険性がある
  • 金属イオンの作用により歯と歯茎の間に黒ずみが生じることがある
  • ジルコニアオールセラミックやオールセラミックと比較すると透明感やツヤを出せない

ハイブリッドセラミックス

ハイブリッドセラミックスとは?

ハイブリッドセラミックとはセラミック素材と歯科用プラスチックであるレジンを混ぜ合わせた素材です。

セラミックだけでは硬度が高すぎるため、周囲の歯を傷付けてしまう恐れがあります。一方でレジンは脆く、変色しやすいことが短所です。そこでこの2つを組み合わせる(ハイブリッド)ことで問題を克服しています。

こんな方におススメ!

  • 歯が欠けてしまったため自然な色合いの素材で整えたい
  • 以前、虫歯治療で金属を入れた奥歯に違和感がある
  • すでに処置してある義歯が変色してきたからそろそろ白い歯に入れ替えたい
  • セラミックの中でも安価でキレイな素材を使いたい

素材の特徴

長所短所
  • 歯に使用するには硬すぎるセラミックに対して柔らかいプラスチックの性質を持つレジンを混ぜているためほどよい質感が得られる
  • 自然な歯の色合いを出せる
  • プラスチックとセラミックのため、金属アレルギーの心配は不要
  • セラミック素材の中では比較的安価である
  • レジンを混ぜているため水分を吸収しやすく経年により変色する
  • ジルコニアオールセラミックやオールセラミックと比較した場合、透明感やツヤが足りない

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは?

歯の欠けた箇所に構造物として歯を取り付ける治療に対し、審美性を追求するものとしてとしてラミネートベニアによる処置があります。掲示物やメニューなどをフィルムで挟んで定着させるラミネート加工という言葉は、すでに一般的です。また、ベニアもベニア板に代表される薄い板のことで、広く知られています。

ラミネートベニアは、フィルム状のセラミック素材を薄く削って整えた歯の表面に貼り付ける処置になります。歯を削るといっても、表面のエナメル質の範囲内です。ネイルのお手入れをして付け爪を取り付けるような状態をイメージしていただければわかりやすいかもしれません。矯正器具などを使わずに歯の形を整え、隙間をなくすことができます。

こんな方におススメ!

  • 矯正するほどではないが歯並びをもっとよくしたい
  • 変色してホワイトニングをしても効果がない
  • より美しい歯にしたい
  • 短時間で歯並びをキレイにしたい

素材の特徴

長所短所
  • 「プチ矯正」の感覚でできる
  • 歯の色から形、全体の歯並び、歯の隙間まで、細かな修正を加えることができる
  • セラミック素材のため変色しにくい
  • 金属アレルギーが発症しない
  • 薄くではあるが健康な歯の表面も削ることになる
  • 噛み合わせが悪い場合や強い負荷がかかった場合、貼り付けたセラミックが欠ける心配がある

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは歯の内部から漂白を行う作業のこと。ブリーチングともいわれます。

予防歯科で行うPMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)、つまり歯垢や歯石の除去によるクリーニングは保険治療の範囲内で可能です。しかしPMTCはタバコやコーヒーなどの飲み物や食べ物によって付着した色素や歯の表面に付着している汚れを取り除く処置。歯そのものが変色している場合は真っ白にすることは不可能です。そこでホワイトニングが効果を発揮する場合があります。

歯の変色を引き起こす要因は主に、年齢を重ねること。
表面から内部にかけてエナメル質、象牙質、歯髄という歯を構成する層のうち、黄色の要素を持つ存在が象牙質。生えたばかりのときには象牙質はクリーム色をしていますが、加齢とともに濃くなり黄色くなっていきます。一方で、その象牙質を覆うエナメル質は虫歯や歯周病、日々の歯ブラシや噛む動作によっても摩耗し続け、内部の象牙質が透過するため黄ばみが目立つようになります。

加齢以外にも歯の神経が死ぬことで歯の内部の栄養が不足し、茶色く変色します。また、永久歯が育つ幼児期に長期間、テトラサイクリンと呼ばれる薬品を飲むことで、本来クリーム色である象牙質が変色することも。この場合は一様に黄色くなるよりも、縞模様であったり、灰色やオレンジ色になったりすることが多いです。

そのほか、高濃度のフッ素を不適切な処置でコーティングすることによっても変色することがあります。

主に以上の原因によって変色した場合、ホワイトニングで白くすることが可能です。

ホワイトニングでは過酸化水素とよばれる薬剤を使用し、内部の色素を分解して漂白していきます。

直後は歯がしみて汚れが付きやすく感じることも。でもそれは一時期的な症状ですのでご安心を。「髪を染めることと同じで歯や口内を痛めてしまうのでは?」と考える方もいるかもしれませんが、その心配も不要です。過酸化水素は消毒液としてご家庭でも普及しているオキシドールと同様の成分。歯科医師の指導のもと適切に使用すれば安全です。

当院ではホームホワイトニングをしております

ご来院いただいた上で、歯に直接過酸化水素を塗布するオフィスホワイトニングの手法があるものの、当院では患者さんにとってより負担が少ないホームホワイトニングをおすすめしています。

方法は簡単です。ホームホワイトニングではまず、過酸化尿素とよばれる薬剤を低濃度にして処方いたします。それをマウスピースの中に入れて一定の時間、装着。過酸化尿素は体温が加わることによって唾液と反応し、尿素と過酸化水素に分解する性質があります。口内でゆっくりと分解した過酸化水素が歯の表面に広がり、さらに酸素と水に分解。ここで発生する酸素には色素を分解し、無色化する作用があります。

まずは毎日、装着していただいた後に効果を確認。通常、半月ほどで目に見えて効果が現れます。マウスピースに関しては、患者さん一人ひとりに合わせてオーダーメイドで製作。継続して装着することで漂白が進みます。

スタッフブログ
web予約 初診
web予約 再診
sp_bottom03.png
web予約 初診
web予約 再診
インプラント無料相談のお問い合わせ