初めての方へfirst

色川歯科医院は、専門的な見地からお口全体の健康を守るお手伝いをしている総合歯科医院です。
2012年にリニューアルし、最新の設備を導入した手術室を完備。一般的な虫歯治療から、インプラントをはじめとした保険外治療まで幅広く対応しています。
強みは口腔外科で研修を積み、経験を重ねた院長によって最善の治療法を提案・提供できること。高度な技術を持つ医師とスタッフにより、手術からアフターケアまで一貫して対応することで安心の治療を実現してきました。

「痛くされたらどうしよう?」
「子どもが怖がるから連れて行けない」
「費用がどれくらいかかるか心配」

さまざまな不安や事情から、歯医者に向かう足が遠のいている方もご安心を。初めての来院ですぐに治療を開始するようなことはありません。
2017年よりトリートメントコーディネーター(TC)によるカウンセリング制度を導入。診断の前にお口に関するお悩みをじっくりお伺いする機会を設けています。
0歳から年配の方まで対応していますので、まずはご予約ください。あらかじめ、希望する治療内容に応じて費用や治療計画はご説明いたします。未就学児や乳幼児の場合は、費用負担も抑えられます。
情報発信アプリも運用中。地域に根差す歯科医院として、患者さん一人ひとりに向き合っていきます。

当院のコンセプト

  • 患者さんと共にお口の健康に向き合い、最善の治療に導いていく。
  • 口腔外科出身の医師があらゆるケースに対応。
  • 歯のメンテナンスを専門とするトリートメントコーディネーターが日常のケアをサポートします。

当院が選ばれる理由

徹底した滅菌・院内感染対策

当院は、リニューアル当初より滅菌・院内感染対策に力を入れています。
治療に使用した器具は患者さんごとに必ず交換。お口の中に直接触れるものを使いまわすようなことはあり得ません。
設備に関しては国内最高レベルの滅菌器クラスBを導入。器具の内部にまで浸透する高圧洗浄が可能な歯科用ハンドピース滅菌器により、細菌を極限までゼロに近づけています。


手袋は常に使い捨て。消毒や洗浄だけでは除去できない細菌があるからです。ほかの器具に一瞬触れただけでも必ず捨てるため、一人の処置に5枚の手袋を使用することも。時間やコストを惜しむことなく、患者さんの目線に立った取り組みをしています。
また、クリニックの入口にはスリッパ殺菌ロッカーを設置。院内全体に気を配り、衛生的な環境を保っています。
治療の過程で新たに細菌が入り込み、ほかの病気をつくり出すようなことは決してあってはならないこと。設備面でも意識面でも徹底した対策を行っていますのでご安心ください。

歯に関する相談窓口・トリートメントコーディネーター(TC)が在籍

初診の方や、久しぶりに来院された方にはまず、トリートメントコーディネーター(TC)が対応します。お口の状態を確認し、お悩みを話していただくことからスタート。治療方針をご理解いただいた上で2回目の来院から治療の予約を入れていただきます。
治療期間中も随時、患者さんのお悩みに対応しています。医師だけではカバーできない治療への不安を軽減し、通院を続けられるように支えていきます。
あらゆる治療の相談は無料。TCはお口のケアに関して専門的な知識を持つプロフェッショナルです。予防につながる適切な歯ブラシの指導、日常的なクリーニング、虫歯の要因となる生活習慣などをわかりやすく説明いたします。

「お口の中にできものが……」
「歯の黄ばみが気になる」
「子どもの歯磨きはこれで大丈夫?」

心配事は何でも気軽にご相談ください。

CT完備

歯科医院では、いわゆるレントゲン、X線撮影による画像診断が一般的です。ただ、従来のX線では2次元の画像しか得られず、表面の形状を把握するだけに留まります。
しかし当院が導入している設備は、歯科用CTスキャン装置。3次元的に歯の内部の構造まで画像化できるものです。

最新の装置で歯の細部を映し出し、一般的な2次元画像のX線では判別できない虫歯や痛みの原因を探り当て、最適な処置をスピーディーに施すことが可能です。また自覚症状がない場合も、虫歯になりうる箇所を予見し、予防に努めることができます。

<歯科用CTスキャン装置の利点>

◇精密な画像診断
従来、使用されてきたレントゲンでは映し出せない箇所を撮影・画像化。
歯だけではなく周囲の組織、歯茎や顎、頬の構造なども明確に映し出せます。

◇症状を的確に把握
顎など周囲の組織の粘膜、骨の内部などの状態を3次元で把握。神経血管の位置を特定し、歯の根に広がる病巣、化膿の有無なども確認できます。

◇安全に治療を進められる
歯科用CTスキャン装置は、歯を構成する顎全体の形状から内部組織の位置にいたるまで数値化してデータに残します。従来のレントゲンは、撮影対象である歯を拡大して映すため、画像上で正確に歯の縦横の幅、歯根の長さを計測することができません。それに対し、歯科用CTスキャンならば座標値が明確です。

また、当院が導入している最新の歯科用CTスキャン装置は画質も最高水準。処置を始めてから「想定外に虫歯が深かった」というようなこともありません。インプラント手術や親知らずの抜歯、矯正、歯の神経組織に関わる根菅治療などにおいて、事前に立てた計画通りに、安全に治療を進めることができます。

◇スピーディーな診断
撮影後、すぐに画像を確認して診断。数値化されたデータと高画質のデータをもとに治療方針を決められます。

◇被ばく量が少ない
撮影時間が短く、顎の周辺に1回照射するのみ。通常の健康診断などで使用する医科用CTの8分の1程度の被ばく量といわれています。

スタッフブログ
web予約 初診
web予約 再診
sp_bottom03.png
web予約 初診
web予約 再診
インプラント無料相談のお問い合わせ