一般歯科general

虫歯とは?

虫歯とは歯に付着した細菌と糖分が作用することにより生じる酸によって歯の表面が溶かされ、痛みや損傷を伴う病気です。主にミュータンス菌と呼ばれる歯の表面に付着する1000分の1mmほどの細菌が歯垢(プラーク)を発生させ、虫歯を引き起こすとされています。

引き金となるものは、ご飯やお菓子、飲み物などさまざまな食品に含まれる糖分です。その糖分に口腔内のミュータンス菌が反応して増殖した末に、強い粘着力で細菌を集めて歯垢(プラーク)をつくり出します。

ご自身やお子様の口腔内をご覧になればわかるかもしれません。歯と歯の間、歯と歯茎の境目などに白い汚れはありませんか?
もしもあるのなら、それが細菌の集合体である歯垢です。歯垢に含まれるミュータンス菌は糖分によって増殖するだけでなく、酸をつくり出すことも特徴。酸には歯を構成するカルシウムやリンを溶かす性質があります。そこで歯の表面が薄くスカスカの状態になり遂には穴があいた状態、虫歯にいたります。

虫歯の原因

虫歯にいたる第一の原因はミュータンス菌です。人の口の中に常に存在する細菌であり、どのような処置を施しても根本からなくすことはできませんが、増殖を防ぐことは可能です。

第二の原因は、ミュータンス菌を増殖させる要因となる糖分を頻繁に摂取し、放置することにあります。間食やアメ、ガム、砂糖を含む飲み物をとった上に歯ブラシを怠った場合です。歯の表面が酸に触れ、虫歯の機会を増やすとともに歯の質を上げるためのタイミングを失うことになります。

第三の原因は歯の質の低下です。歯の質は大まかにいって表面からエナメル質、象牙質、神経である歯髄の3層から成ります。そこで酸に抵抗できるエナメル質や象牙質が健康に保たれているかどうが虫歯の発生を防ぐ上での重要な要因です。特に乳歯や生えたばかりの永久歯に関しては、歯として未成熟であるため細菌や酸に弱く、虫歯を引き起こしやすいといえます。そこで歯の質を守り、成長につなげるためにフッ素などを活用します。

成熟した後も、たんぱく質、ビタミン、カルシウム、リンなどの栄養素が不足したり偏りが生じたりすることにより歯の質が低下。酸による溶解が進行し、虫歯にいたります。 また、治療後の詰め物や被せ物の周辺、歯周病や不用意に力が入った歯みがき、老化などにより歯茎が下がっている箇所は特に歯垢が溜まりやすく虫歯の原因となります。

虫歯の進行について

C1

C1

表面にあるエナメル質に細菌が付着している状態。痛みなどの自覚症状は少なく、定期検診での発見が可能です。歯垢や歯石を取り除くことで治癒します。

C2

C2

象牙質に虫歯が生じている状態。冷たい飲み物がしみる、歯茎から血が出るなどの自覚症状があります。表面を削って虫歯を除去するなどの処置をします。

C3

C3

セメント質、歯髄にまで虫歯が進行している状態。神経まで達しているため強い痛みを感じます。

C4

C4

歯髄の底にまで虫歯が進行している状態。神経が壊れ、痛みがなくなります。歯の表面を構成するセメント質、象牙質が全壊している状態です。

歯は内部から神経を含む歯髄、セメント質、象牙質からなり、表面が金にも匹敵する硬度を持つエナメル質に覆われているという構成になっています。
虫歯の進行度は4段階。虫歯(Caries)の頭文字を取って、進行度を「C1、C2、C3、C4」と分けています。

いわゆる歯周病はC1の状態にあります。放置することにより虫歯が進行し、治療が難しくなっていきますので、早期の発見を目的とした定期検診をおすすめしています。

「痛くない」治療のために

麻酔の注入圧、温度、打ち方。治療中に痛みを感じる要因はさまざまです。当院ではあらゆる点まで気を配り、軽減できるようにしています。
人肌に温めた針により、ゆっくりと、刺す角度まで配慮。手術を行う口腔外科を経験している院長ならではの技術です。

歯科恐怖症の方には強力な麻酔薬を導入。他院では取り扱いの少ない海外メーカーの製品を独自に厳選し、取り寄せています。もちろん、認可を受けている麻酔薬ですのでご安心ください。
医師と歯科衛生士の連携により、顔の表情やお口の動きにも気を配ります。治療中の痛みは、基本的にないと考えてくださって大丈夫。腫れない、痛みがない。これが基本です。

抜かない治療

歯のぐらつきがあるだけなら、抜かずに保存の可能性を最大限探っていきます。とはいえ、抜かないとほかの歯に負担がかかることも。その場合にはインプラントなどを提案しています。
虫歯ができた、歯に穴があいたとなれば、一般的な歯医者では痛みをいち早く取り除くために「神経を取りましょう」となることが多いことでしょう。ですが、神経を取り除くことによるリスクは大きなもの。虫歯の進行に気付かない、ほかの歯に悪影響を及ぼすなど、後々になってトラブルを抱えることになります。

痛みを強く感じる理由は急性期。虫歯には痛みを強く感じる段階、一時的に軽くなる段階があります。そこで痛みを強く感じる急性期には抗菌薬や痛み止めで対応。まずは麻酔が効く状態になるまで待ち、ベストな治療法で対応します。

なるべく歯を削らないために

当院では必要以上の歯を削らないためようにするために、「ダイアグノデント」でむし歯の進行状態を経時的に数値化して適切な管理をしております。

むし歯の状態や進行状況を数値化することで、患者さんにも状態を理解して頂きやすく、最適な治療法や予防につながります。

体に優しいレーザー光なので、お子さまや妊娠中の方も問題なく、安心してご利用頂けます。

 

小児歯科

当院に通われているお母さんたちから「いつから歯医者に連れていけばいいの?」という相談を受けることが多々あります。
歯科医師会では、1歳半検診を推奨するとともに、歯の磨き方指導などを行っています。0歳からお越しいただいても構いません。歯が生えたばかりのお子さんに関しては、ガーゼでのおそうじのやり方などを教えます。

見慣れない機材が並び、聞きなれない音が響く診察室。入るだけで泣いてしまうお子さんもいます。慣れるまで10回程度、歯ブラシの練習だけという事もあります。その間、虫歯が進行しないようにフッ素などで対応し、お子さん本人が「怖くない」と自分から治すことに意識が向くまで治療には入らないようにしています。大人になって歯医者が怖いと思う歯科恐怖症をなくしたいという配慮です。
処置に入ってからも少し削って仮の詰め物、消毒してまた次にきてもらう。その繰り返しです。歯1本の処置を行うために、3回に分けて来ていただくことも。
一度でも「怖い」と感じると、後の治療の機会が失われてしまいます。その場だけで無理に治療しても意味がありません。お子さんが「歯医者は怖くない」「歯みがきは遊び」「器具はおもちゃ」と、とらえられるようになるまで、根気よく対応いたします。

お子さんの送り迎え、洗濯にご飯の準備、日々家事に忙しいお母さん、お子さんの歯みがきまで完璧に手がまわらないと思います。一人で背負わないでください。私たちがお手伝いします。

訪問歯科

寝たきりの方や車椅子の方など、来院が難しい方を対象に3km圏内で対応しています。
お困りの方はご相談ください。最新の往診ユニットを備えておりますので、虫歯治療、外科治療、義歯等の治療が可能です。
定期的な口腔ケアや食事や飲み込みのリハビリもサポート。地域に根差した診療を行っています。

矯正歯科

当院では、矯正治療は矯正専門の歯科医院さんにご紹介をしております。

歯並びに関するお悩みなどは、当院のTC(トリートメントコーディネーター)がご相談にのり、最適な治療をご説明いたします。

提携矯正歯科医院:くぼた矯正歯科クリニック
サイトURL:http://www.kubota5888.com/

スタッフブログ
web予約 初診
web予約 再診
sp_bottom03.png
web予約 初診
web予約 再診
インプラント無料相談のお問い合わせ