歯が抜けてしまった方へlost

歯が抜けてしまった方へ

歯が抜けることによるデメリットは審美性だけではありません。抜けてしまうことで噛み合わせが悪化し、ほかの健康な歯に影響が及ぶことになります。
たとえば、下の歯が抜け落ちてしまった場合。噛み合わせにズレが生じることにより上の歯が下がってくることがあります。歯が伸びるわけではなく、根が浅くなる状態です。歯茎が薄くなり、健康であった上の歯までぐらつきが出てくることになります。
また、バランスが悪化することにより「顎が痛い」「口が大きくあけられない」など顎関節症につながることも。

食事の際に噛み砕く力が足りない状態で飲み込むことにより、胃腸にも負担がかかります。お口の健康を保つことが身体全体への健康につながっていく。歯が抜けた場合には早急な対策が必要です。

インプラントとブリッジの比較

歯が抜けた場合、インプラント、ブリッジ、入れ歯のいずれかで対応します。
インプラントは抜けた箇所に歯に近い素材から成るネジを埋め込む手法。保険適用外ですので費用が高くなるものの、天然の歯に近い噛み心地と強度が得られます。
ブリッジは隣の歯と器具によって連結させる手法です。保険適用が可能になるため比較的費用を抑えることができますが、隣の健康な歯に器具を装着することにより傷を付けてしまうデメリットがあります。

抜けた本数やお口の状態により入れ歯をご案内しています。
自身の歯で生活することが第一ですが、正しく噛み、お口全体の健康を考えた上では入れ歯も選択肢の一つです。

入れ歯について

金属を使用しないことにより、長く使える入れ歯を提供しています。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャーとは、金属の止め具のない入れ歯(義歯)のことです。

金属の止め具がない為、金属アレルギーの心配がないので、金属アレルギーに敏感な方にお薦めです。

ノンクラスプデンチャーは、薄く軽く、しなやかさを兼ね備え、尚且つ、非常に丈夫で、快適な入れ歯(義歯)です。しなやかさは、お口の中での安定を守ります。

また、金属の止め具のない入れ歯(義歯)のため、入れ歯(義歯)と目立たなく、審美的な面で非常に優れており、見た目が自然で美しい入れ歯(義歯)です。

入れ歯の種類

テキスト テキストテキストテキスト
テキスト テキストテキストテキスト
テキスト テキストテキストテキスト

保険内と保険外における入れ歯の違いについて

審美性のほか、吸着の度合いに差が出ます。保険外でよりクオリティーの高い入れ歯を製作した場合には、より自身の歯に近い感覚で噛むことが可能です。
費用とご自身の希望を考慮した上で選択してください。

インプラント

スタッフブログ
web予約 初診
web予約 再診
sp_bottom03.png
web予約 初診
web予約 再診
インプラント無料相談のお問い合わせ